MainSign_black.png


サンプル・パッド搭載バージョン2.5

2019/10 macOS Catalina サポート状況
2019/07 バージョン2.5.3 アップデート!





 

4デッキ仕様のMac用マルチトラックオーディオファイルプレイヤー「PlayBacker」は16パッド・サンプラーを搭載し、より柔軟にステージでの音源再生操作をサポートします!

 

主な仕様 / 主な特徴 / 主な機能 / バージョン対比表 / クイックガイド

デッキ / サンプル・パッド / iOSバージョンページ / 開発者ページ

主な仕様

  • 対応OSバージョン:OSX El Capitan ( 10.11 )以降
  • オーディオフォーマット
    • ファイル:Core Audio 準拠でDRM保護されていないファイル
    • 内部処理:48kHz-32ビット浮動小数点演算
  • 外部オーディオインターフェイス対応
    • Core Audio準拠のマルチ出力デバイスに対応
    • 奇数/偶数ペアのステレオチャンネルとしてデッキにアサイン可能

# ライトバージョンには仕様、機能上の差異があります。詳しくはバージョン対比表を参照ください。

主な特徴

プレイヤー

  • 完全に独立した4デッキ
  • 4/2デッキ切替可
  • デッキ毎のボリュームフェーダー
  • サンプル・パッド(16パッドサンプラー)

デッキ

  • オートポーズ機能
  • 1トラック/全トラックリピート
  • スキップエンド機能
  • オートフェードアウト機能
  • キューリスト表示
  • タイムカウンター表示

サンプル・パッド

  • 2バンク/各8パッド
  • バンク毎のプレイモード(シングル/マルチ)
  • パッドプレイモード(ショット/ループ)
  • バンク毎のボリュームフェーダー
  • スナップショット保存機能

 

トラックリスト

  • シーケンスのセーブ
  • トラックの管理、編集
  • ターゲットデッキの設定
  • シーケンスのプレイヤーへの一括ロード

トラック・エディター

  • トラック - スタートキューの設定
  • トラック - エンドキューの設定

その他

  • 出力先デバイス設定
  • 出力ゲイン設定
  • キーボードショートカットによる制御
  • MIDIイベントによる制御
  • エクストラタイムカウンター

フルバージョンのみの機能
ライトバージョンではApp内購入で機能追加できます

主な機能

オートポーズ機能

デッキのトラックチェンジのタイミングで再生を一時停止します。

オートキューサーチ機能

トラックを生成する際、指定のしきい値で自動的にトラックの再生開始位置(スタートキュー)を設定します。 

スキップエンド機能 

トラック再生時に指定の再生終了位置(エンドキュー)で再生を終了します。

オートフェードアウト機能(AFO)

デッキでの再生時に、「次のトラックへ送る」際、現在再生中のトラックを指定の時間でフェードアウトします。

オートリピート1機能

デッキ再生時「1トラックリピートボタン」のオン/オフを、あらかじめ設定されたトラックの「リピート」プロパティに従って自動的に切り替えます。

キューワード表示機能

デッキの「AUXインフォフィールド」に任意の文字列を表示します。

バージョン対比表


PlayBacker
PlayBacker lite
最大デッキ数
4
2
サンプル・パッド △:App内購入
     
オートポーズ機能
オートキューサーチ機能
スキップエンド機能
オートフェードアウト機能 ○:秒数可変 △:秒数固定
オートリピート1機能
キューワード表示機能

   
出力先設定
×:標準出力先
キーボードショートカットコントロール


MIDIコントロール
×
エクストラタイムカウンター ×
     
トラックのドラッグ&ドロップ
オーディオファイルのドラッグ&ドロップ △:デッキ不可
     
内部処理 48kHz 32Bit Float 44.1kHz 32Bit Float

 

クイックガイド

トラック

「トラック」はアプリケーションが扱う音源を抽象化した単位モデルです。CDのトラック等と同様にこの「トラック」は「1曲」を表し、ストレージ上の単一の「オーディオファイル」と連関します。

figure001_Track.jpg

「トラック」は自身が参照するオーディオファイルの場所を記憶し、タイトル、キューポイント等の情報を保持します。これら情報は「トラックリスト」で編集できます。

 

プレイヤー・ウィンドウ

Player Window

「デッキ」「フェーダー・ユニット」「サンプル・パッド」を搭載し、アプリケーションでの再生操作は全てこのウインドウに集約されています。

  • フルスクリーン対応
  • 開閉式フェーダー・ユニット(デッキ毎のボリュームフェーダー)

デッキ

Deck

一般的なオーディオイクイップメントと同等以上の機能を有する「PlayBacker」の主音源再生装置です。フルバージョンでは4または2切り替え、ライトバージョンでは2つの独立したデッキを有します。

  • トラック情報表示
  • 再生コントロール
  • キューリスト表示

→「デッキ詳解ページ

サンプル・パッド

samplePad

2バンク/各8パッド(全16パッド)仕様のパッドサンプラーをプレイヤー・ウィンドウ下部に装備しています。(ライト・バージョンではApp内購入で機能追加できます)

→「サンプル・パッド詳解ページ

トラックリスト・ウィンドウ

TrackList

トラックリスト・ウィンドウはトラックの順序や情報、アサイン先のデッキ等を管理、保存します。シーケンス再生操作に必要なすべての音源と情報を1ファイルに保存できます。

  • トラックの管理、編集
  • プレイヤーへの一括ロード
  • シーケンスの保存

トラック・エディター

独立した再生機能と拡大表示可能な波形表示部を持つ、スタート/エンドキュー・ポイントの編集に特化したパートです。

環境設定ウィンドウ

プレイヤー・ウィンドウ上部にシート表示され、ユーザーのアプリケーション設定を保存します。

エクストラ・カウンター(フル・バージョンのみ)

Extra Counter 「デッキ」の再生状況のみを表示する専用ウィンドウです。デッキ毎の個別表示、フルスクリーン表示に対応しています。
 


© 2014-2018 Integral Sound Design
http://www.integralsounddesign.com
PlayBacker@integralsounddesign.com